看護師

不妊にはサプリの時代|愛の結晶を産みたいなら

妊娠しやすい体作り

栄養補助食品

原因を突き止める

日本は晩婚化の影響もあり、少子化問題が起こっています。高度経済成長を経て、女性の社会進出が進んだことで女性も男性と同じように仕事に生きがいを感じるようになりました。責任ある仕事を引き受けた女性では、結婚や妊娠なども遅くなる傾向にあります。特に妊娠出産は働く女性にとって一時的に産休を取らねばならず、仕事にはマイナスになりがちです。しかし妊娠を希望する女性にはタイムリミットがあります。女性の卵子は加齢とともに老化がはじまり、35歳を境に自然妊娠率はぐっと低下します。またストレスの多い生活やジャンクフードなどを多く摂る食生活や生活習慣の乱れなどでもホルモンバランスが乱れ、不妊の要因ともなっています。

パートナーと一緒に

不妊で悩むカップルは年々増加傾向にあります。不妊の原因は女性ばかりではなく男性にも半数近く要因があります。不妊の検査や治療を受ける場合は、妊娠を望むパートナーと二人一緒に行わなければ意味がありません。同じく、妊娠しやすい体作りも2人で行う事が望ましいとされています。サプリメントで妊娠しやすい体作りをするのもお勧めです。サプリは凝縮された栄養成分を効率よく体内にとることができます。不妊に効果のあるサプリでは、マカがお薦めです。マカは自然由来の植物が減量であり、安全なサプリです。マカは卵巣機能を高める効果が期待されています。女性には葉酸を妊娠前から摂取することをお勧めします。葉酸はサプリで簡単に摂ることができます。

女の人とサプリメント

婦人科が推奨するマカ

天然の完全栄養食であるマカは、冷え性に悩んでいる女性に最適な食品です。マカサプリで一番のおすすめは原末100%であり、マカだけを摂ることができます。女性の疾患全般はもちろん、冷え性に由来する肥満その他の成人病を防ぐためにも最適なのです。

男女

避妊以外にも多くの効果

ピルには避妊以外にも多くのメリットがあります。生理痛や月経前症候群の軽減、更年期障害などの緩和、卵巣がんなどの予防などが代表的なものです。大阪には多くのクリニックがあり、ピル処方専門のクリニックもあるので自分の通いやすい場所と時間帯のところを選ぶとよいでしょう。

レディ

妊娠をサポートするサプリ

妊活サプリにおすすめの成分には、亜鉛や鉄分、カルシウムやマグネシウム、葉酸などが挙げられます。またサプリを摂取するだけではなく、健康的な生活習慣に改善することで妊娠しやすい体に近づくことができるようになります。